アヴァランチエクシアダッシュは今回で六回目。
今回からフットを進めていきます
今回はまず素となる足を進めていき
次回からアヴァランチ/ダッシュそれぞれのユニットを進めていきます。
なので新規要素が強く出るのは次回からで
今回は一部分を除いてほぼ素の足を進めていくことに。

※ほとんど足を一回で進めているので
とても長くなっています。
あまり変化はないのでスルーでも問題ありません



MG-AVALANCHE_EXIA_D-87.jpg


まず足から、全13パーツで
一部不自然な部分は余計なパーツでした。


MG-AVALANCHE_EXIA_D-107.jpg


まずかかとから。
フレームにカバーパーツをつけて

MG-AVALANCHE_EXIA_D-108.jpg


別のフレームパーツ裏に
接続ポリパーツを仕込み


MG-AVALANCHE_EXIA_D-109.jpg

これを先のフレーム上にかぶせます

MG-AVALANCHE_EXIA_D-110.jpg


次に足先。①カバーパーツ裏の先端のミゾにポリパーツを2個置き
②手前から軸付きフレームの軸部分を
ポリパーツを上から抑えた状態で押し込んで取り付け。
④表に戻すとフレームの上側が浮いた状態でつながり
足先全体が左右に可動することができるようになります。

MG-AVALANCHE_EXIA_D-111.jpg


更にカバーパーツをかぶせた
つま先フレームを先端のミゾに置いたら

MG-AVALANCHE_EXIA_D-112.jpg


上からカバーフレームをかぶせて
足先ブロックは完成。

MG-AVALANCHE_EXIA_D-113.jpg


つま先と足先をつないだら
かかと上と

MG-AVALANCHE_EXIA_D-114.jpg

足甲部分にカバーパーツを取り付けて
足は完成。左右で全く同じパーツになります

MG-AVALANCHE_EXIA_D-115.jpg


次に肢ブロック。
こちらは素体パーツで

MG-AVALANCHE_EXIA_D-116.jpg


こちらが新規部分となる6パーツ、

MG-AVALANCHE_EXIA_D-117.jpg


構造は全く同じ。
まずヒザ上部フレームにヒザフレームを設置して
ヒザ下フレームをつなぎます。

MG-AVALANCHE_EXIA_D-118.jpg


モモフレームには前のミゾに
スライドフレームパーツを仕込んで置き

MG-AVALANCHE_EXIA_D-119.jpg

これをヒザ上フレーム(反対側)
パーツにつなぎ

MG-AVALANCHE_EXIA_D-120.jpg

ヒザ上部に合わせたら
左右の上と下に白カバーパーツを取り付け。

MG-AVALANCHE_EXIA_D-121.jpg

後ろから足首接続用ポリパーツを仕込んで



MG-AVALANCHE_EXIA_D-122.jpg

その上にカバーパーツをかぶせて固定。
フレームで合わせない珍しい形になります(細いシルエットを維持するため?)

MG-AVALANCHE_EXIA_D-123.jpg


続いて今回の新規要素となる
ヒザ裏GNブースターブロック。
まずフックパーツとフレームパーツをつなぎ


MG-AVALANCHE_EXIA_D-124.jpg


更に大きめのフレームとつなぎます


MG-AVALANCHE_EXIA_D-125.jpg


その下にGNブースターパーツを付けて


MG-AVALANCHE_EXIA_D-126.jpg


表に青と白のカバーパーツを取り付けて完成。


MG-AVALANCHE_EXIA_D-127.jpg


これをヒザ裏に取り付け。


MG-AVALANCHE_EXIA_D-128.jpg


あとは同様に進めていきます
モモフレーム内側にポリパーツを、
出っ張りを前後に合わせた状態で埋め込み


MG-AVALANCHE_EXIA_D-129.jpg


前カバーに裏からホログラムシート「H」(左足「G」)
を設置。出っ張りの大きい方が下になります


MG-AVALANCHE_EXIA_D-130.jpg


腿カバーを付けます。
まず後ろから

MG-AVALANCHE_EXIA_D-131.jpg


そして前からもつけたら下に
ホログラムシート「J」(左足「I」)を置き、
左右からカバーパーツを挟んで固定。
シートはS字型で左上が斜めにカットされているのが目印。
これで脚は完成です。


MG-AVALANCHE_EXIA_D-132.jpg

次に股関節ブロック。
使用パーツは6個

MG-AVALANCHE_EXIA_D-133.jpg


まずフレームの太い方の軸に
股関節軸パーツをつなぎ

MG-AVALANCHE_EXIA_D-134.jpg

その横から筒状パーツをかぶせます
上が空いた向きで入れることで可動域に干渉はしません。

MG-AVALANCHE_EXIA_D-136.jpg

外にくるカバーには裏にフックパーツを仕込んでおきます
これは素体時に引き出すことで
GNブレイドのマウントが出来るようにするためのもの。
今回はほぼ機能しませんが付けておきます

MG-AVALANCHE_EXIA_D-137.jpg

最後に足首関節。

MG-AVALANCHE_EXIA_D-138.jpg

構造はフレームを合わせて前と横から
カバーパーツをつなげるだけ。

IMG_8438.jpg


これらをつないで足(素体)完成です!
GNコンデンサ部分にはクリアパーツを、
ヒザ部分にもカバーパーツを付けましたが
今回はアヴァランチ/ダッシュユニットで使うパーツが異なるため保留。
尚コンデンサ部分だけはどちらもクリアパーツは使わないので
シールを貼る必要もありません。


MG-AVALANCHE_EXIA_D-139.jpg

ヒザ裏のGNブースターは若干上下に可動します

MG-AVALANCHE_EXIA_D-140.jpg

最後にヒザ関節の可動。
ヒザ裏GNブースターが干渉するため
角度は更に厳しいものになっています


という事で長くなりましたが今回はここまで。
足をほぼ1回でこなしたので長くなりました
次回はいよいよダッシュユニットを進めていきます
シルエット変化も見たいですが
腰まで進めて全体が見えるようになってからにしたいと思います。
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ