今回からプレミアムバンダイ発売の
MGポリポッドボールを製作していきます。
ポリポッドボールは現在展開されている
「ガンダムビルドダイバーズ」の公式外伝
『ガンダムビルドダイバーズ GIMM&BALL’s World Challenge』に登場する機体。
本来宇宙専用活動のボールを陸上運用するという想定で作られたガンプラになります
内容は2004年に発売されたMG RB-79ボール Ver.Ka に
四本足を追加した色変え版。
設定ではガンダムにだけ足があるのがずるいと思ったことから来ていますが
ガンダムを通り越してクモっぽくなっているのがユニーク。



MG-POLYPOD_BALL-1.jpg


箱。シンプルなデザインに
汚れをイメージしたプリントがされています(決して箱が汚れているわけではない


MG-POLYPOD_BALL-2.jpg


ここからランナー。
AランナーからFランナーまでが元のVer.Kaのもので
そこからG,Hと追加ランナーになります

尚、何故か今回のランナーは全体的に湾曲しています


MG-POLYPOD_BALL-3.jpg


BランナーはABS。
流用ランナーもABSをやわらかフレームに出来たりしたら
塗装の幅もぐっと広がると思いますが
金型の影響か構造の影響か難しいようです


MG-POLYPOD_BALL-10.jpg


Cランナーはボールの携帯武器である
180mmキャノン砲を含むフレームランナー。

MG-POLYPOD_BALL-4.jpg


Dランナーはカバーランナーですが
フレームを兼ねているためかABS製。



MG-POLYPOD_BALL-5.jpg


Eを飛ばしてFランナーは関節に当たる
ポリランナー。
尚Eランナーはボールを支える基地ちっくなベースで
今回は自立するため付属しません。


MG-POLYPOD_BALL-6.jpg


ここから新規ランナー
まずはGランナー。新規となる足のカバーパーツで4枚組。
Ver.Kaの後に出る第08MS小隊版で携帯する
キャノン砲のGランナーとは別のGランナーですが
MGジム・ドミナンスのようにややこしくなるので分けても良かったような?

MG-POLYPOD_BALL-7.jpg


Hランナーは足関節フレーム。
安心のやわらかフレームですが関節が多いので
耐久性にやや不安。あまりガシガシ動かさない方が良いかもしれません


MG-POLYPOD_BALL-8.jpg


最後に付属品。
アームに付けるリード線とパイプ、とデカール
デカールはVer.Kaのものがそのまま使われており
手抜き少しさびしぃ


MG-POLYPOD_BALL-9.jpg


説明書は新規。後には9月に同じくプレミアムバンダイよりMGで発売される
ジム・ドミナンスをガンダムにカスタマイズした機体である
ガンダムストームブリンガーの姿があります

という事で今回はここまで。
そのまんまボールの下に足をくっつける構成なので
サクサク進めていければと思います。
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ