今回はMG ガンダムF91 Ver.2.0の政策3回目として
ヘッドを製作していきます。
ヘッドのみではありますがF91Ver.2.0では
フェイスオープンギミックに際し
パーツ交換による非変形型と変形機構を持つ
変形型の2種類が付属。それぞれを見ていくため長くなります
はじめは1回でまとめるつもりでしたが
色々見ていくうちに長くなってしまったので分割。





MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-45.jpg


使用パーツは15個。
もちろんですが次回取り上げる変形型とは
全て別パーツになるので
2タイプ分作ることが出来ます。
共通パーツはトサカカバー、モノアイデュアルセンサー及びフロントセンサーの
クリアパーツ、マウスパーツとアンテナ、ヒタイカバー、後頭部フレームの7パーツ。

MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-46.jpg


まずフェイスパーツに
裏からマウスパーツを仕込んで置き


MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-47.jpg


これを基礎フレームに設置。
その上にカメラパーツを置きます
アイシールは先に貼る指示がありますが
先に貼るとパーツを置いたときに
ズレが生じやすく、フェイスとの間にクリア部分が見えたりするので
先にパーツを合わせてからシールを貼る方が
綺麗に仕上がるので楽。


MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-48.jpg

後ろから後頭部フレームを
スライドさせて取り付け。このパーツは
変形型ヘッドの方で威力を発揮します
これでフェイスブロックは完成。

MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-49.jpg

続いてカバーブロック。
U字フレームの横のミゾに
オレンジのガトリングパーツを設置して

MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-50.jpg

外からカバーパーツを付けると
ガトリング部分とその下のフレームが覗く形に。

MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-51.jpg
MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-52.jpg

最後に反対側のカバーで合わせて
中央に額カバー、左右にアンテナパーツを付けてカバーブロック完成。
尚アンテナは細いので折らないよう注意です

MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-53.jpg

最後にトサカブロック。
センサーシールを貼ったクリアパーツを
トサカカバー裏から仕込んで完成。

MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-54.jpg


カバーブロックに下からフェイススブロックを押し込んで
上からトサカブロックで押さえて固定。


MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-55.jpg
MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-56.jpg



MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-57.jpg


少し複雑な構成の理由がコレ。
非変形型ではありますがフェイスパーツが固定なだけで
フェイスオープン形態も再現できます。
ただこちらは通常フェイスからセンサーパーツと
マウスパーツを外して付け替える必要があり、
モノアイに関してはせっかくきれいに貼ったシールが
剥がれてしまう恐れもあるためオススメできません


MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-58.jpg
MG-GUNDAM_F91-Ver_2_0-59.jpg



という事で今回はここまで。
ヘッドといってもまず非変形型と変形型、
更に通常フェイスとオープンフェイスで計4タイプあります
次回は変形型ヘッド。こちらは
構成パーツも異なるので全く違うものになります
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご指摘ありがとうございます!

ご指摘くださりありがとうございます!
勉強不足で大変失礼いたしましたm(__)m
今後はそのように表記させて頂きます。
何かありましたら今後ともよろしくお願い申し上げます。

No title

モノアイはザクのような1つ目のことを言います。
ガンダムのそれはデュアルアイ(またはツインアイ)と言います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

PAGETOP

まとめ