今回はMGガンダムTR-1アドバンスド・ヘイズル3回目という事で
いよいよ新規要素であるバックパックから
光学センサーユニットを搭載したヘッドまで進めていきます

ちなみにヘイズルをはじめとする[TR」シリーズは
TR-6[インレ]を究極目標とするTR計画のもとで設計、開発された
機体の総称なため、今回の[ヘイズル]同様
他のTRシリーズも全く異なる開発経路、機体性能でも同様のナンバリングがされています。
なのでヘイズルをはじめ機体の型番は別にあり、
[ヘイズル]はRX-121、[ヘイズル改]はRX-121-1、[ヘイズル2号機]はRX-121-2となり
今回の[アドバンスド・ヘイズル]はRX-121-2A。
つまりヘイズル2号機をベースとしていることが分かります。





MG-ADVANCED_HAZEL-41.jpg


まずバックパックから。
基部の構造はヘイズル改と同じですが
上部にくるブースター・ポッドは
マルチ・コネクター・ポッドに変更されています。
ただこちらも複雑なものではありません

使用パーツはサーベル柄を入れて14パーツ。
うち新規パーツはパイプパーツ込みで4パーツになります


MG-ADVANCED_HAZEL-42.jpg


基礎フレームの後ろにスライド式のアームを、
前方に固定式のカバーパーツを設置して
アームを内側に押し込んでから反対側のフレームではさみます


MG-ADVANCED_HAZEL-43.jpg


裏から一体成型のカバーパーツをかぶせておきます


MG-ADVANCED_HAZEL-45.jpg


マルチ・コネクター・ポッドは
スライド式のアームにブースター・ポッドの代わりにつけます
構造は非常にシンプル。
アームにポッドフレームの片方をつないだら
前方にイエローのパイプパーツを、
後方上部にコネクターパーツを設置してはさむだけ。


MG-ADVANCED_HAZEL-46.jpg

基礎フレームあるボールにバーニアを、
その上にイエローのスラスターパーツを付けて
バックパック完成です!
今はこれと言ったギミックはありませんが
このあとシールド・ブースターが来るため派手になる予定。


MG-ADVANCED_HAZEL-47.jpg


続いてヘッド。
全14パーツでうち新規パーツは7パーツと
半分が新規パーツによる構成です


MG-ADVANCED_HAZEL-48.jpg

まずフェイスパーツに裏から
垢のマウスパーツを設置しておき


MG-ADVANCED_HAZEL-49.jpg


後頭部カバーの下に
首関節接続用ポリパーツを仕込んでおき


MG-ADVANCED_HAZEL-50.jpg


この上にフェイスブロックをおきます


MG-ADVANCED_HAZEL-51.jpg

トサカ部分にはヘイズル改同様
内側にクリアグリーンのセンサーパーツを仕込んで
反対側のカバーではさみます。


MG-ADVANCED_HAZEL-52.jpg


これを上部に取り付け。
ここまではモノアイがないだけでヘイズル改と同様ですが
前頭部カバーは光学センサー用の新規パーツになります


MG-ADVANCED_HAZEL-53.jpg


ここから新規要素。光学センサーユニットになります
まずクリアパーツの下にフレームパーツを
前からスライドさせて取り付け


MG-ADVANCED_HAZEL-54.jpg

そのフレームの横にあるミゾに
白のカバーパーツを取り付けます
下にスライドすることでモノアイセンサーが露出するギミックになります

MG-ADVANCED_HAZEL-55.jpg

これをフェイスのモノアイ部分に充てる形で取り付け、
上から左右にイエローのアンテナを付けた
一体カバーをかぶせてヘッド完成です!


MG-ADVANCED_HAZEL-56.jpg



MG-ADVANCED_HAZEL-57.jpg



MG-ADVANCED_HAZEL-58.jpg



MG-ADVANCED_HAZEL-59.jpg



MG-ADVANCED_HAZEL-60.jpg


センサーの展開。分かりづらい


という事で今回はここまで。
顏の前に来る光学センサーユニットが
印象を大きく変えています
次回は肩から腕まで進めていきますが
ここは特に新規要素のないカラーバリエーションのみとなります
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ