MGアドバンスド・ヘイズル2回目はボディを進めていきます。
パーツ、構造はMGヘイズル改と同じ。
商品化が決定されたMGフルドドとの合体では
追加装甲がコクピットハッチに付きますが
パーツの差し替えではなくハッチに直接かぶせる模様。
プラ同士のスレが気になるところです



MG-ADVANCED_HAZEL-25.jpg


使用パーツは33個。
うちポリパーツ1個です

MG-ADVANCED_HAZEL-26.jpg


肩関節はMGガンダムMk-Ⅱのもの。
軸パーツの上に固定パーツを重ね、
横からフレームパーツを軸を通して取り付け。
左右で形状が異なります


MG-ADVANCED_HAZEL27.jpg

これをボディフレームに設置して

MG-ADVANCED_HAZEL28.jpg

コクピットシートを設置。
フレームは全天周モニターの形状ですが
ヘイズルはもともとジム・クゥエルをベースに作られており
この全天周モニター及びリニアシートは[ヘイズル改:]から搭載。
その分[ヘイズル]と[ヘイズル改]はほぼ違う機体になります

MG-ADVANCED_HAZEL-29.jpg

そこにパイロットパーツと
上部にカバーフレームを重ねた首関節を設置したら
前面フレームで挟みます

MG-ADVANCED_HAZEL-30.jpg


フロントカバーには下部に
予めハッチ接続用ポリパーツをセット。


MG-ADVANCED_HAZEL-31.jpg

これをフレーム前方に被せ
後ろからもカバーをかぶせてはさみます
左胸のセンサーはシール。

MG-ADVANCED_HAZEL-32.jpg


ハッチカバー(上)。
アームをフレームにつないで


MG-ADVANCED_HAZEL-33.jpg

これをハッチカバー裏に取り付けます

MG-ADVANCED_HAZEL-34.jpg


本体には先にカバーにセットしたポリ部分に
垢のハッチカバー(下)パーツを付けてからハッチ(上)を
前から押し込んで接続します


MG-ADVANCED_HAZEL-35.jpg

続いて首元。
フレームパーツをまず付けて


MG-ADVANCED_HAZEL-36.jpg

襟カバーパーツを付けたら
胸元カバーを張り付けます
イエローのダクトカバーも前から取り付け。

MG-ADVANCED_HAZEL-37.jpg

最後に肩部補助アクチュエーターユニット。
構造は単純でイエローのアクチュエーターユニットを
ボールの付いた関節パーツでつないで
カバーパーツに上から取り付け、前方に別のカバーをかぶせるだけ。
基部パーツのみ左右に違いがあります

MG-ADVANCED_HAZEL-38.jpg
MG-ADVANCED_HAZEL-39.jpg
MG-ADVANCED_HAZEL-40.jpg


オマケは先に完成している
ヘイズル改(テストカラー)と。若干変な事になってます

ということで今回はここまで。
構造も非常にシンプル。作りやすい反面ちょっと物足りなさを感じてしまいますが
その分フルドドとの合体が魅力的になると思います。
次回は違いの出るマルチ・コネクター・ポッドのあるバックパックと
頭部まで進めていきます。ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ