ユーマ専用高機動ゲルググは今回で四回目。
今回は足から追加装備となるコンフォーマルタンクまで進めます
今回の新規要素はこのコンフォーマルタンクのみ。




MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-86.jpg


今回使うパーツ。
1パーツの大きさがありますが
個数はそれほどでもなくカバーパーツ8個

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-87.jpg

とフレームパーツ13個の計21パーツ構成です

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-88.jpg


まずかかと側から。
基部フレームに裏から大型ポリパーツを埋め込んで
フタをしたら更にスラスターパーツを付けます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-89.jpg


元に戻したら横の○軸につま先フレームを
左右からはさんで取り付け、奥にシリンダー軸パーツを設置。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-90.jpg


また裏返し今度はつま先側の底に
スラスター一体型のフレームパーツを取り付けます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-91.jpg


戻したら前面上部にシリンダー受け軸パーツを設置。
続いてつま先カバーパーツをかぶせます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-92.jpg


続いて足首ブロック。
フレームを合わせたら後部の接続穴にシリンダー受け軸パーツを、
前にシリンダー軸パーツをつなぎます

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-93.jpg


これを足本体に取り付けます
まず前後のシリンダー軸と受け軸を合わせ、
そこから中央のポリ部分にボールをつなげます
これで足首の可動域が広がりかつディティールも合わせた
メカメカしい(メカニカルともいう)構造になります

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-94.jpg

足首ブロックをつないだら
かかと側にもカバーパーツを取り付け。

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-95.jpg


つま先上部カバー。
青カバーの裏に濃紺カバーをスライドさせて取り付け


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-96.jpg


これを前方シリンダー部分に取り付けたら


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-97.jpg


最後にかかと上部と


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-98.jpg


つま先上部に白カバーパーツをかぶせ
中央左右にモールドカバーパーツを付けたら足完成!


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-99.jpg


オマケ①足の可動。
足首も前後左右に稼働しますが干渉が多く、
もともと派手に動くタイプでもないため
ディティールの方が活きると思います

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-100.jpg


オマケ②可動後の足裏。
スキの無いディティールはさすがVersion2.


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-101.jpg


今回は脚裏につくコンフォーマルタンクも進めます
ということで使用パーツ。
全10パーツ構成でゴムパーツ一個使いますが
構成は割とシンプル。

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-102.jpg

まず下部スラスター。
カバーパーツに赤スラスターパーツを埋め込みます
このパーツは押し込むと外すのが辛いので
完成後に見えなくなるカバー側の底に穴を開けておく等対策が必要。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-103.jpg


これを大型カバーにつなぎます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-104.jpg


これにゴムパーツをつなぎ
反対側にカバーパーツをセット。ただし
ゴムのため安定しないので
脚を作ってから最後に合わせるほうが楽だったり。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-105.jpg

最後にタンク部分。
モールドの違うパーツを合わせて反対側と作り

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-106.jpg


先にゴムパーツにつけたカバーの中央に
U字型のパイプパーツをセット。
ここは固定されているため動きません

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-107.jpg


最後にタンクをU字パイプにつないだら
コンフォーマルタンク完成です!これを左右分作ります

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-108.jpg


という事で今回はここまで。
次回は脚ですが高機動型といいつつ
全く同じ構造のため違いはタンクに合わせて新規追加された
カバーパーツのみとなります。
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ