今回はプレミアムバンダイ予約商品の
νガンダム用フィン・ファンネルセットをごしょうかい。
なお注意事項として
本商品に本体であるνガンダムは付属しません
なので現在の一つ前、通常弾第4弾でνガンダムを引いておく必要があります


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-1.jpg


箱。サイズはスマートフォンのケースほどです

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-2.jpg


内容。まずベース系

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-3.jpg

固定式のダブルフィン・ファンネルとクリアのビームサーベル

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-4.jpg


そして可動式のフィン・ファンネル6個。



M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-5.jpg


ベースは組むとこのように
長方形軸のベースと○軸のアーム2本になります
長方形軸にアンサンブルの機体を、○軸に
オプションを接続して飾ることが出来ます
ベース本体はアームが伸びはしませんが段階調節が可能。


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-6.jpg


このセットにははじめに書いたように
MSであるνガンダムは付属しません。
通常弾第4弾で引いておく必要があります

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-7.jpg
M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-8.jpg

また、通常版のフィン・ファンネルは
同じ4弾に付属しますがサイズは小さく
こちらでファンネルを紹介するためカット。

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-9.jpg


なので通常弾でのνガンダムの付属品は
ビーム・ライフル、シールド、バックパックとなります


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-10.jpg


続いてファンネル装着。
バックパックにつなぎます


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-11.jpg


ダブルフィン・ファンネル装備型
プラモデルが初出の形態でCCA-MSVに分類。バックパックの右側
サーベルラックをファンネルラックに変換、左右に3基計6基のファンネルを装着します
その後ゲーム等で左右6基計12基のファンネル装備型が出たことで定着。
ビーム・バリアは6基装着時が四角錐なのに対し
12基装着時は正二十面体となります


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-12.jpg
M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-13.jpg

裏面のファンネルを折りたたんだ状態は別パーツで再現されています

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-14.jpg

この形態でも中央にすきまがあるため
第四弾の武器セットからハイパー・バズーカを持ってきて
中央にマウントすることもできます


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-15.jpg


この状態でももちろん同じく第四弾の
ブースターベッドからヘビーウェポン装備も可能。

M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-16.jpg

ヘビー・ウェポン・システム装備型
Bクラブのイラストが初出で同じくCCA-MSVに分類。
フルアーマーガンダムの構想をνガンダムに反映させたもので
純粋なνガンダムの強化形態プラン。追加装甲にスラスターを搭載することで
推進力を落とさずに防御力を強化させるための装備。



M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-17.jpg

アンサンブルではνガンダムの胸部中央と
胴体中央のカバーを外して装着させるヘイズルと同様の形態。
肩のミサイルポッドは本来胸部装甲についていますが
サイズの都合で肩上部に移動。脚部装甲関節の接続穴を使い装着。
脚部装甲のマーキングはデフォルトという気合いの入ったものになります


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-18.jpg

ハイ・メガ・シールドはシールドの
エンブレム部分が別パーツになっており
それを外して付け替えることで装着。


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-19.jpg


最後に可動式ファンネル
なんと連結、分離、展開が可能!
ですが本体に装着させると若干サイズオーバー?
更に重いため保持にかなり不安があります


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-20.jpg


ファンネル横に3か所の接続部分があるため
同列も上げ下げ連結も可能。つまり


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-22.jpg


ダブルフィン・ファンネルも可能!
2セットあれば完璧なダブルフィン・ファンネルが再現できます!
ただしビームバリアは付属しません。


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-21.jpg


接続はバックパックを介してですが
接続軸がないため付属の○軸パーツでつなぎます。
しかし丸いため重さに負けて下がってきます


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-23.jpg


このセットの最大の魅力はなんといっても
フィン・ファンネルの展開、発射形態の再現です
しかしエフェクトがないのではさみにしか見えません
おまけにサーベルはサイズを間違えたのか細く手に持たせてもスカスカです

頑張っているけど空回りしちゃう系?


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-24.jpg


ファンネルは共通の3ミリ接続なので
アームがなくても通常弾に付属のアームでつなぐことが出来
計6基全面展開も可能!
しかしどう頑張ってもはさみに見えてしまう・・・

ということでダブルフィン・ファンネルセットでした。
色々と残念ポインとがあります
①可動式ファンネルが大きい
②エフェクトがないため地味というか不自然(ハサミ)
③サーベルが透明
④サーベルのサイズが合わずスカスカ。逆さにするとすっぽ抜ける

通常弾の気合いが差を生んでしまった印象です
特にヘビーウェポンは非常に優秀。マーキングまで入ってすごいです
ファンネルもここまで多く入れるより
いっそ可動式のみにしてエフェクト付けてくれた方がよかったかな?
という中途半端さが残る印象でした。


OMAKE


M_S_E-FIN_FUNNEL-SET-omake-2.jpg

トランザム!


このベースは非常に優秀。色々飾れてプレイバリューも豊富です
特にシリーズ展開の多いA,O,Zのあの機体は良く似合いそう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ