今回はユーマ専用高機動型ゲルググのアームから肩まで進めていきます
一部カバーの変更がありますが恐らく成形色の都合のみ。
なので色以上の変化はありません
MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-64.jpg


今回は腕→手→肩のブロック順に進めていきます
まずは腕ブロック。

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-65.jpg

肩間接です
フレームパーツにポリパーツを仕込んで挟み込み。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-66.jpg


次に上腕付け根。
フレームに肩間接接続用ポリパーツを仕込んで
反対側の上半分側パーツではさみます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-67.jpg


最後に前腕。
フレームにシリンダーパーツと
ハンド接続用ポリパーツを仕込んで挟みます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-68.jpg


これをヒジ関節フレームに
シリンダーも同様に取り付け上部に
上腕フレームをつないだらヒジフレームで挟んで固定。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-69.jpg


前腕外側に熱角ジェット用ダクトパーツを合わせた
熱角ジェットエンジンフレームを取り付け。
これでフレームは完成になります


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-70.jpg


続いてカバー。肩間接下にカバーを付けて合わせ
前腕には左右からカバーパーツを挟んで取り付けます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-71.jpg


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-72.jpg


最後に熱角ジェット部分のカバーに
先に上部にインテークパーツを付けてから
本体に取り付け


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-73.jpg


手首付け根にカバーパーツを
埋め込んでアーム完成です!


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-74.jpg


続いてマニピュレーター。
親指を除く人差し指~小指は関節を設けています
左手にはビスで固定、強化する構造がありますが
これについて正確には不明。説明もありませんが
恐らくシールドを持ったとき手が分離しないようにするため?
の緊急の措置と思われます(もちろん機体設定にもないため)


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-75.jpg


最後に肩。
先に記載した通り先端カバーに
不具合がありましたが片方だけでした


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-76.jpg


まず基部フレームに肩接続用ポリパーツを仕込んでおき


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-77.jpg


肩スラスター。基部パーツにフタパーツを合わせて


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-78.jpg

更に中央にダクトパーツを埋め込みます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-79.jpg


これを基部フレームの外側に
スライドさせて取り付け

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-80.jpg


上から一体型フレームパーツでフタをします


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-81.jpg


最後に一体型カバーパーツをかぶせて
ポリ部分にジョイントパーツを付けて肩アーマー完成です!


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-82.jpg

本体につなぐ前に
本体側の関節軸に2枚のジョイントダクトを入れておきます
ちなみにここはVersion1てはラバーパーツが使われていました

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-83.jpg


これで上半身は完成。
腕の取り付けが固いのなんの


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-84.jpg
MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-85.jpg


という事で今回はここまで。
色以上の変化がない地味な回となりました
色が奇抜なのでそこでごまかしておきます
次回は一番の長丁場であり変化のある足を進めていきます
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ