今回はバックパックからヘッドまで進めていきます
バックパックは完全新規、ヘッドは
カバー部分が新規パーツとなります


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-43.jpg


まずバックパック。
全18パーツで構成します

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-44.jpg


メインスラスター。
基部パーツにバーニアパーツを付けて

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-45.jpg


上からカバーパーツをかぶせます
外に出るピン部分に合わせ
カバーパーツも端との距離が短い方と長い方を合わせます

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-46.jpg


これをバックパックカバーの裏面(背中につく方)
カバーに設置して表面カバーではさみます
このときスラスターは端との距離が短い方が手前にくるようになります



MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-47.jpg


一体型カバーで挟んだら
サイドスラスターパーツを付けて


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-48.jpg


上からカバーパーツを付けたら
中央左右にパイプパーツを取り付け
最後に中央上部に先にフレームパーツを付けた
カバーパーツを付けてバックパック完成。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-49.jpg


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-63.jpg


続いてヘッド。こちらも18パーツ構成です
こちらはレンズカバー含むフレーム部分が流用、
カバーパーツが新規パーツとなります
※ただし頭部カバーのグレー部分は要塗装。

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-51.jpg

まずレンズ部分。フレームパーツに
クリアレンズパーツを取り付けますが
今回はモノアイがシールではなく水転写デカールに入ります


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-53.jpg

続いて首フレーム。
まず底にポリパーツを設置して

MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-52.jpg


上にギザギザの入ったフレームパーツを付けて
反対側の首フレームではさみます


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-54.jpg


更に上からヘッドフレームを通して取り付け


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-55.jpg


ギザギザ部分にレンズを取り付け。
歯車式に連動するため
頭部を動かすと歯車が動いてモノアイが可動します


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-56.jpg


先にレンズカバーを付けた
頭部フレームを上からかぶせてフレーム完成。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-57.jpg


カバーを付けていきます
まず両側に縦長カバーを


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-58.jpg


次に一体型カバーをかぶせます
ユーマ機は口にあたるダクト部分が特徴的。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-59.jpg


最後にトサカ。
まずカバーパーツの片方に接続パーツを仕込んで
挟み、前方にレッドセンサーパーツを付けた
カバーパーツを付けて完成です!


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-60.jpg
MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-61.jpg


レンズカバーはリアリティが増しますが
その分レンズが隠れるため撮影時も暗くなりがち。


MG-GELGOOG_High_Mobility_Type-UMAs_Custom-62.jpg


後頭部はスリットが入っているため
内側に仕込んだグレー部分が見える構造。

という事で今回はここまで。
新規要素が入るとイメージが変わります
次回はアームですがこちらは1部カバーパーツを除いて全て流用になります
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ