今回で4回目となるモビルスーツアンサンブルEX04の紹介も最終回となり
今回は3体合体ダンディライアンⅡをご紹介。
ただしこれまた単体でのギミックがないため
これだけだと非常に短く終わってしまうためオマケとして
ティターンズ関連のあの機体を引っ張ってきました


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-61.jpg


[ダンディライアンⅡMS形態]
MA形態から変形・換装を行う事でコアMSを展開させ、
アームを足へと変形させた形態。正確にはコアMSが上半身を、
ダンディライアンⅡが下半身を兼ねる形態となります
コアMSとの接続にはコアMS側の腰部に装着された[フルドドⅡ]を必要とするため、
コアとなるMSは[ラーⅡ]と同等の形態である必要があります




Mobile_Suit_Ensemble-EX04-63.jpg

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-62.jpg


キットではまず本体とベースフレームを分解し
別の(中央の白い)ベースにつけ直して再現。
アームはツメを外して取り付け部分を変更しています


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-64.jpg


ウーンドウォート合体形態
設定ではダンディライアンⅡと腰の[フルドドⅡ]を接続しますが
キットでは手前のフレームにあるベースと同形の接続部分につなぎます

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-65.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-66.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-68.jpg


[ダイダロス・ユニット]
ミノフスキークラフトと熱核ジェット、熱核ロケット等熱核推進を併用した
重力下飛行用ユニット。
球状のオプション型とファイバーIIのウェポンカーゴに装備されているコンテナ型があり
こちらはオプション型となる球体になります

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-69.jpg


MA状態からの変化に後部スラスター手前の
ウイングも展開もあります


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-70.jpg


コアMSとなるウーンドウォートには
MA状態のダンディライアンⅡの頭部をシールドとして装備。


ということで4回にわたり紹介してきた
「モビルスーツアンサンブルEX04 ウーンドウォート&ダンディライアンⅡセット」 でした。
合体、形態変化は今までになかった内容だけに一つ一つが新鮮。
ウーンドウォート本体とフルドドⅡ、ダンディライアンⅡのセットということで
内容や形態変化も非常に豊富でしたが
今後商品化が期待されるTR-6[ファイバーⅡ]によって
さらにプレイバリューは跳ね上がると思います


ということですがせっかくなのでシリーズ関連の遊びをオマケとして追加。
ヘイズルを使って疑似ヘイズルアウスラを作りますが
あくまで疑似であり、多少の改造が施されているのであくまでオマケです




Mobile_Suit_Ensemble-EX04-71.jpg


[ヘイズル・アウスラ]
ヘイズルに緊急脱出ポッド[プリムローズ]を装着させた形態。
公式イラストではヘイズルⅡのトライ・ブースターや
腰部サブアーム、肩部ラッチから延びるウィンチキャノンといった豊富な装備を備えていますが
いずれもモビルスーツアンサンブルでは商品化されていないため
今現在ではヘイズルにフルドドⅡを装着させた[ヘイズル・ラーⅡ]が限界となります

[ヘイズル・ラーⅡ]
ヘイズルにフルドドⅡを装着させた形態。
ブーストポッドにフルドドの機首を接続し、そこから
左右にフルドドⅡユニットを装着させます


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-72.jpg


一応設定通りの変更としてボディを
プリムローズの変化形態であるウーンドウォートのものに変更し
肩もウーンドウォートのものに変更。
肩部のラッチは再現できないのでラーのウイングを付けています


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-74.jpg


通常弾における素体+武器とEX03からの成分で
アンサンブルの現在ではヘイズルの方が変化に富んでいたり。


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-75.jpg


[ヘイズル・ラーⅡ第二形態]
ヘイズルにフルドドⅡを二機装着させた形態。
ヘイズルアウスラにおける腰部サブアームにつなぐことで
フルドドⅡを装着、[ダンディライアンⅡ]や[ファイバーⅡ]の合体が可能になります
またフルドドⅡのドラムフレームにつなぐサブアームは外します
アンサンブルではウーンドウォート同様
脚部につなぐことでそれっぽく見せています



Mobile_Suit_Ensemble-EX04-77.jpg


ということでダンディライアンⅡに合体!
と思いきや残念ながらダンディライアン側の構造が
ウーンドウォートに特化しているため足を入れる部分が極端に狭く
ヘイズルの場合は足を外さないと取り付け出来ず、外してもかなりきついです
フレームも固定されているためヘイズルの発展、合体は
ファイバーⅡの方に期待することに。


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-78.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-79.jpg


ということでオマケでした。
ここまできての印象は正直複雑で、プレイバリューは
「重装×重奏」の通り豊富なのですが
ガシャポンのバリューを遥かに超え、かつパーツも多く
紛失の場合にパーツ単位の注文が出来ず最悪の場合
再現できない形態が出てきてしまいかねない恐れがあります
なのでどちらかというと形態を決めて飾る方がオススメされる複雑さがあり
遊び方が限定されてしまう勿体無さを感じてしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ