今回はモビルスーツアンサンブルEX04レビューの3回目。
ウーンドウォートとフルドドⅡの変化を見ていきます



Mobile_Suit_Ensemble-EX04-37.jpg


[ウーンドウォート・ラー]
ウーンドウォートにフルドドⅡを2機装着させた形態。
一機のみの装着を[ラー(Ⅱ)]と呼ぶため正式には二機装着した形態を
[ラー(Ⅱ)第二形態]と呼ぶこともあります
尚フルドドⅡはヘイズル・アウスラにも装着可能なため
その場合はフルドドⅠと区別するため[ラーⅡ]と呼びます

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-38.jpg


フルドドⅡユニットを肩と足に装着。


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-39.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-40.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-41.jpg



素体とはフルドドⅡの他バックパックも変化しており
そこから肩~前方にかけるウイングユニットをつないでいます

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-42.jpg


コンポジット・シールド・ブースターを装備してフル装備形態。



Mobile_Suit_Ensemble-EX04-45.jpg

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-52.jpg

[ウーンドウォート・ラーⅡ]
後部ドラムラッチに接続された「マルチ・アーム・ユニット」を装着、展開させた形態。
ウイングユニットをアームユニットに変更し
脚に装着させたフルドドⅡを上下逆につけ直します


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-53.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-48.jpg


アームユニットは非常に長く、関節もあるため
ハイゼンスレイⅡのように左右にアームを持ってくることも可能。
ただし一体成型のためアーム部分のギミックはありません

Mobile_Suit_Ensemble-EX04-49.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-50.jpg


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-51.jpg




Mobile_Suit_Ensemble-EX04-46.jpg



ダンディライアンⅡ合体状態
ダンディライアンⅡと合体するための形態変化。
バックパックを外し上部フルドドⅡを左右で交換して幅を詰めます


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-47.jpg


これだけでも印象が変わります


Mobile_Suit_Ensemble-EX04-59.jpg



フル装備形態
ダンディライアンⅡのMA形態時の機首をシールドとして装備。


いよいよダンディライアンⅡとの合体ですが今回はここまで。
次回で最終回となりますがここからはオマケとして
EX03から例のアイテムを引っ張ってきました



Mobile_Suit_Ensemble-EX04-60.jpg


[ウーンドウォート・ラーⅡクルーザー巡航形態]
ラーⅡにギャプランブースターを装着させた形態。
EX03に付属のテストカラーを使って再現できますが
ヘイズルに比べしかり接続することは出来ず多少の改造が必要。



Mobile_Suit_Ensemble-EX04-54.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-56.jpg
Mobile_Suit_Ensemble-EX04-57.jpg


フル装備形態。

という事で今回はここまで。
今回はウーンドウォート単機の変化を見てきました
次回最終回でダンディライアンⅡとの合体携帯を見ていきます
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ