第五回目となる今回はボディ、バックパックまで進めます
実は勘違いで画像が少ないと思い
ヘッドまで進めたら40枚を超えてしまったため分割。
記事も既に出来上がっているためすぐに上がります
ということでなんと次回で武器類を組んだらいきなり完成。
パーツの細かさはありますが
全体的な構成はまとまっているためサクサク進めることが出来ました

で今回の内容はそっくり06Rの共通パーツで構成されています(と思われます)
実はMG基準の設定では「06R-1」と「06R-2」の外見上の違いは
「脚部」と「肩部スパイクアーマー」ですが内容については
06R-2は06R-1をベースに新設計された全くのベツモノ(性能差も大幅にあった模様)。

ただしMGではR-1Aのシン・マツナガ機とR-2のジョニー機は脚以外にバックパックの
燃料タンク(バックパック横につくタンクパーツ)
が異なり、それに合わせてカバーパーツもジョニー機の方が大型化されていました


RG-JONNYs_ZAKU2-85.jpg


まずはボディから。といってもバックパックと繋がっているため
ほぼ一つでボディと言って過言ではありません

今回も例によって全パーツから。
ただ動力パイプのパーツがあるためパーツ数は数えていません

RG-JONNYs_ZAKU2-86.jpg


まずアドバンスドMSジョイントに
三角形のフレームパーツを取り付け、更に
コクピットシートパーツを付けます


RG-JONNYs_ZAKU2-87.jpg


上についているボールの左右に
前回のアームのアドバンスドジョイントで外した
間接パーツを取り付け(この理由でボディを後回しにしました)

RG-JONNYs_ZAKU2-88.jpg


ハッチパーツを中央のミゾに設置。
この時点では安定しないため若干ずれています


RG-JONNYs_ZAKU2-89.jpg


グレーの一体型フレームを前からかぶせて
ハッチを固定したらハッチを下げます
がこの時固定が硬いため頑張るとハッチが白化します
本来なら指で抑える程度で動くので
それで動かない場合はフレームを外してハッチの位置をずらし、
それでもだめならハッチ側の設置バーを
ほんの薄く削るとスムーズになります



RG-JONNYs_ZAKU2-90.jpg


後からカバーパーツを当てて固定。



RG-JONNYs_ZAKU2-91.jpg


胸部カバーパーツに裏から
展開するハッチの反対側にカバーパーツを付けてから
本体に取り付け。


RG-JONNYs_ZAKU2-92.jpg


腹部カバーには左右上面に
色違いのカバーパーツを付けます
これはモールドとしてだけでなく、裏に空いた穴が
ボディとの接続部分になります


RG-JONNYs_ZAKU2-93.jpg


これをボディフレーム下の○軸につなぎます。
がこれが取り付けづらいのなんの
実は先に付けた背中カバーが干渉してうまくはまりません
なので先にこちらの腹部カバーを取り付けてから
背中カバーパーツを付けると楽。


RG-JONNYs_ZAKU2-94.jpg


続いて横カバーと
腹部前方に穴の開いたカバーパーツを取り付け。


RG-JONNYs_ZAKU2-95.jpg


腹部前方カバーはバックパックからの動力パイプをつなぐ部分ですが
このパーツは上がボディに合わせて斜めになるため
左右同型ではありません

RG-JONNYs_ZAKU2-96.jpg


最後に横カバー上部に四角い別パーツを取り付けて
ボディはほぼ完成。
ただしこのパーツは非常に外れやすく、
少しの衝撃でポーンと飛ぶため危険。
先に接着剤で太らせておくと安心です(紛失すると四角い穴が空くので交換必須)


RG-JONNYs_ZAKU2-97.jpg


続いてバックパック。
話はそれますがザクは一般に「ランドセル」と呼ばれる
バックパックです。当方では
「一般のザクⅠ/ザクⅡ(F型)」のような
箱型のバックパックを「ランドセル」、強化型の大型バックパックを「バックパック」と認識しています
(MGでも「大型バックパック」と表記)

RG-JONNYs_ZAKU2-98.jpg


まずジョイントパーツにバーニアパーツをつなぎ
フレームに設置。


RG-JONNYs_ZAKU2-99.jpg


カバーパーツでフタをしたら上部にスラスターパーツを、
横にタンクパーツを付けます
このパーツがMS-06R(1)の形状で、実際はより大型化されているようです

RG-JONNYs_ZAKU2-100.jpg


更に上からカバーパーツをかぶせます
このあたりはMGと同構造。


RG-JONNYs_ZAKU2-101.jpg


更にスラスターパーツに
裏からウイングパーツをつなぎ

RG-JONNYs_ZAKU2-102.jpg


これを横に付けたら
表面下のスラスター部分にフレームパーツを取り付け。

RG-JONNYs_ZAKU2-103.jpg


続いて二回目となるパイプ作り。
今回は中央の[3/4・9/10]を使います

RG-JONNYs_ZAKU2-104.jpg


画像は左側パイプ。
まず[3]にパイプ基礎パーツをさしこみ、
4個だけ切り取り手前に押し込みます

RG-JONNYs_ZAKU2-105.jpg

次に[4]を6個全て切り取ります
なので計10個パイプパーツを使う事になります
足りない場合は[3(9)]でごまかします


RG-JONNYs_ZAKU2-106.jpg


最後に直線部分のラインを目印にして
ガイドをカット。これでパイプは完成です


RG-JONNYs_ZAKU2-107.jpg


バックパックには切り取った面を取り付け。

RG-JONNYs_ZAKU2-108.jpg


左右分できたらまずボディにつなぎ


RG-JONNYs_ZAKU2-109.jpg


最後にカバーパーツを合わせて
腹部中央に埋め込んで
パイプをつないだらボディユニット完成です!


RG-JONNYs_ZAKU2-110.jpg


ちらっと

というわけで今回はここまで。
若干長くなりました
次回でヘッドまで進めたら完成はすぐそこです
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ