おまたせしました。
九回目となる今回でようやく本体が完成します
MGダブルゼータガンダムVer,Kaはリアスカートがないことと
フレーム自体は変形に関わらないため
作りは案外シンプルですが後部にバックパック接続アームがつきます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-180.jpg


まず腿付け根関節ブロック。
全16パーツで構成。


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-214.jpg


まず外側に来るウイングブロック。
①小さいパーツを合わせて
②横にある接続穴に間接パーツを奥まで押し込みます
③奥に出た部分と手前のアームを大きいカバーパーツに設置して
④右下のピンにポリパーツを設置し
 上からミゾを合わせてウイングパーツを設置して


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-186.jpg


反対側のカバーではさんだら
上部にイエローダクトパーツを付けてウイングブロック完成。


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-191.jpg


続いて関節ブロック。
①まず内側フレームにポリパーツを押し込んで設置し
反対側のフレームパーツでフタをします。
②側面フレームの片方に関節強化用のポリパーツを埋め込んで
③内側フレームを設置。内側に来るのはポリパーツを埋め込んだ
上下に穴の開いている面になります




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-192.jpg


最後にカバーフレームパーツをかぶせて
後方上面にセンサークリアパーツをはめ込んで完成です!


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-193.jpg



続いてウェストブロック。
まずフレームパーツ22パーツと



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-194.jpg


カバーパーツ14パーツの
計36パーツで構成。
尚フレームは関わりませんが
フロントカバーは変形時に展開して
内側のツメパーツが露出する形になります



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-195.jpg



まず股関節軸となる内部フレーム。
フレームアームパーツ円形部分にミゾを合わせて
ポリパーツを埋め込み


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-196.jpg


更にピン部分にも四角いポリパーツを取り付け。
付け根部分に出っ張りがあるので
そこまでしっかり押し込んで取り付けます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-197.jpg


これを内部フレーム後方に設置。
四角いポリの出っ張りを支えにします
更に手前にツメフレームパーツを設置して挟みます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-198.jpg


後方から一体型の軸フレームパーツを
スライドさせて取り付け。
軸と内部フレームの固定を兼ねています


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-199.jpg


次にリア上部カバーフレーム。
フレームパーツの上面左右に
白カバーパーツをかぶせて


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-200.jpg


まず内側フレームのアームに付けたポリ部分を
外側フレームにつなぎ、後方にリアカバーフレームを設置。
このリアカバーフレームは動きます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-201.jpg


閉じる前にもう1ブロック。
バックパック接続アームブロックです
まずバックパックのつなぎフレームに
バックパック接続用のポリパーツを埋め込み
スキマのある部分にフレームパーツをスライドさせて取り付けます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-202.jpg


これを赤カバーパーツ後方に設置したら
前方にウェストつなぎ用のポリパーツを埋め込み、
更に露出する位置にエクストラフィニッシュパーツを設置して
赤カバーで挟んだら完成。



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-203.jpg


出来上がり図。
美味い具合に上面と側面にシルバーが露出して
多重構造を感じさせる作りです



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-204.jpg


前方のポリ部分を外側フレーム後方の
太いピンに接続。


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-205.jpg


挟んだら前方横に左右からフレームアームパーツを設置。
これはフロントスカートの接続部分になります



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-206.jpg


続いてフロントカバー裏にあたる
フレームに白ツメパーツを設置しておきます
ここは全体がアームになっており
変形時に展開することでツメを出す仕組みです


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-207.jpg


ツメ部分を立てて収納したら
カバーパーツをかぶせて本体に取り付け。
中央のへこみ部分がツメになります



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-208.jpg


上下に赤→青の順でカバーパーツをかぶせて
スラスター表現をだします



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-209.jpg


最後にフロントスカート。
まずフレームにエクストラフィニッシュパーツを埋め込みます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-210.jpg


このパーツは先端が斜めになっており
出ているほうが上面に来るように設置。
横から見ると「く」の形になります


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-211.jpg


最後に表からと内側に下から
カバーパーツをかぶせて腰完成です!
(本機画質)

MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-212.jpg
MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-213.jpg


リアはスカートを設置できないほどバックパックが巨大なため
バックパックを付けないとフレームが露出。
接続アーム裏にあたるカバーフレームは
変形用のものではなく分離合体の固定ブロック。
そのためMS時はこのロック機構と接続アームによる
二重固定機構が設けられています


IMG_3420.jpg



というわけで今回はここまで。
ようやく本体が完成してテンションが上がります
バランスとしては若干足が長いかもしれません
しかし変形機構を残したままのフォルムとは思えない完成度。
次回はバックパックを進めていきます
ようやく完成が見えてきました
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ