今回でなんと八回目ですが
まだ足の続き。今回で腿まで完成となりますが
股関節軸までいかないのでもう一回分足に使いますが
腰も進めるので股関節軸として出す予定。




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-179.jpg


今回使うパーツ。
今回はヒザ~腿ブロックを進めていきます
まずカバーパーツ14
うちスネ横カバー2個。


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-157.jpg


とフレームパーツ16で計30パーツをヒザブロックに使います
うちスネブロックに4個使います


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-158.jpg


まず腿フレームパーツに
下からアームパーツをスライドさせて接地。
腿フレームはピンがある方が外側になります



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-160.jpg


こちらが内側。まるで外側のフレームですが
スネに直につながらないため
接続部分がスライドする必要があります
アームパーツは円形の出っ張りがある方が内側に、
ピンが外側に来ます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-161.jpg


次にふくらはぎカバーに
裏からツメパーツを設置。
これはカバー外側に出すことで
ツメを展開、スラスター表現が可能になります


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-162.jpg


これを腿フレームに被せます
うまい具合にスキマが通り多重構造感を出しています


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-163.jpg


後方にイエローのダクトパーツをかぶせます
これを左右分作って



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-164.jpg


左右フレームを合わせたら
上部にポリパーツを設置。
ポリの出っ張りをフレーム側のミゾに合わせて押し込みます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-165.jpg


続いて腿フレーム内側にもポリパーツを設置し


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-166.jpg


これをヒザ関節フレームパーツでつなぐことで
関節に強度を持たせます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-167.jpg


腿フレームを起こしたら更にヒザフレームと腿フレームをまたぐように
スライドフレームパーツを設置。
ヒザ側で固定することでヒザを曲げた時に
腿前面下部が露出する箇所をカバーします
更に上部にポリパーツを設置。ピンが先に入る向きになります



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-168.jpg


ヒザフレームのディティールに
円形の白カバーパーツをかぶせます




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-169.jpg


先に造ったスネですが
白枠で囲った部分に



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-170.jpg


腿に先に付けたアームをスライドさせます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-171.jpg


最後にスネ横アーマー。
フレームを合わせたら白カバーパーツを付けて完成。



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-178.jpg


いよいよ合体。
まずスネ川のふくらはぎ下から
腿ブロックを入れ、一番上まで引き上げます
この段階では固定されないので
腿ブロック全体を起こしてから引き下げることで
スネ側上面に当たりロックされます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-172.jpg


最後にふくらはぎの下にある
フレームの○軸にスネアーマーを接続し
腿に前後からカバーパーツを、
ふくらはぎアーマー前面下部にスラスターフレームパーツを
付けて足完成です!
フレームパーツは内側が青く小さいパーツ、
外側が赤く大きいパーツになります

ここで気になるのはスネ横アーマー内側のスキマ。
これが正解のようですがどうしても詰めたくなります
しかしこの状態だと足に干渉するため
スネ横カバーを完全に閉じることは出来ません

MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-173.jpg
MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-174.jpg



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-175.jpg



ちなみにこちらは失敗例。
どこが失敗かと言いますとスネ前面上部のカバーです
ピンじゃないところを見事に削ってしまったため
裏から見ると赤カバーとの間にスキマが出来てしまいました



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-176.jpg


可動チェック。ふくらはぎの干渉があるので
120度ほどが限界です

という事で今回はここまで。
足の構造はかなり複雑で
パーツもアンダーゲートが多く慎重に進める必要があります
次回で腰を進めて本体は完成となります
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ