今回位はアーム二回目で後半となります
今回はショルダー・ウイング・ハンドと進めていきますが
パーツに注意点がある以外は
やはり良くまとまった構成です




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-99.jpg


まずはショルダーから進めていきます
ショルダーは全21パーツで構成。

今回はパーツの一部が非常に危険となっております




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-100.jpg


まず肩内側フレームパーツに
ウイング接続間接パーツを設置して挟みます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-101.jpg


これに白カバーパーツをかぶせて




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-102.jpg


接続パーツの手前の穴に
外側フレームパーツの片方の軸を取り付け



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-103.jpg


本体肩関節接続パーツを
手前に設置して反対側の外側フレームで挟みます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-104.jpg


最後に裏表両面に
白ハッチパーツを設置してから


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-105.jpg


肩カバーパーツをかぶせて
肩基部ブロックは完成。



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-106.jpg



続いてショルダースラスターウイング
まず画像上にあたる外側に
エクストラフィニッシュパーツを設置します
このパーツは細い軸部分まで含めてパーツなので
ゲートは当たりませんが切り出してから
間違えて切り取らないよう注意です




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-107.jpg


この上にカバーパーツをかぶせたら
今度は画像上にあたるボディ側に
エクストラフィニッシュのスラスターパーツを設置。


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-108.jpg


これにもカバーパーツをかぶせて
肩上部ウイングブロック完成です



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-109.jpg


最後に肩接続関節。
パーツに前後からカバーパーツをかぶせます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-110.jpg


これを肩につけたアームにつないで
ショルダーウイングをつなぎます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-112.jpg


最後に接続後にエクストラフィニッシュ軸の
外側に小さいカバーパーツをつけますがこれが危険。
ウイング側の下にミゾがあり
この小さなパーツでそこを埋める形ですが



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-111.jpg


これがランナーについた状態。
アンダーゲートが三か所あります
ゲートの位置でも一応わかりますが
輪っか部分についているピンは残すもの。
それ以外は切り取る必要がありますが
一つ一つ確認しながら切り取る必要があります




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-116.jpg


最後に腕部のウイングバインダー。
一応ウイングですがいざという時(緊急時)に
コクピットを守るシールドとして機能するため
「シールド」と表記されることもあるブロックです
10パーツ構成。


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-117.jpg


まずウイングカバー(小)に
フレームを入れてはさみ



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-118.jpg


最後に細長いカバーパーツで
外に出るフレームと合わせ目を隠して完成。
航空機のウイングのデザインが施されています



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-119.jpg


次に主翼となるウイング(大)。
全く同じ構造となっています



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-120.jpg


こちらもカバーを合わせたら
細長いカバーでフタをします
こちらは主翼として機能するため
より航空機に近いフォルムで
可動翼、スラスター表現があります

最後にフレームパーツに大と小をあわせますが
ウイングは裏と表で形状が異なるので注意。
で青カバーでフタをしたらウイングバインダー完成です!


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-121.jpg


今回の最後はマニピュレーター。
親指だけ2パーツで関節が付き、
残りの指をパーツごと変える指先交換方式となります
また、ダブルゼータは武器が基本大きく
サーベルに至ってはPGサイズなため
平手が武器持ち手化しており付属しません。
付属するのは①握り手②サーベル持ち手③ライフル持ち手
④変形用握り手(可動部無し)
となっております



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-122.jpg


これにて腕は完成となります
ウイングバインダーの大きさが目立ちます


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-123.jpg
MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-124.jpg
MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-125.jpg


最後に可動チェック。
ショルダーアーマーが干渉しがちですが
上手くよけることが出来るので制限はされません

というわけで今回はここまで。
本体が出ないと少しさびしいですが
バランス重視で写しませんでした
次回も足と本体が出ない回が続きます
また、変形機構の都合でなんと
ウェストとバックパックがつながる状態なので
足2回のあと更に腰~バックパックで2,3回に分ける予定。
まだまだ先は長いです
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ