2回目となる今回はコア・ファイターを製作します。
勘違いしやすい点ですが今回のコア・ファイターは
分離後の編成を再現できるよう2機作るわけですが
説明書では全て「×2」で統一されているため
一機分の制作でも2機分のパーツを切り取ってしまいがち。
ー全パーツ画像は後ほど-



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-18.jpg


まずコクピットフレームに
パイロットフィギュアパーツを設置。
フィギュアパーツは2個付属するため
塗装でメインパイロットであるジュドーと
分離後のコア・トップのパイロット(イーノ)
を分けることが出来ます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-19.jpg


次にコア・ファイターのコクピットハッチ。
イエローのフチパーツにクリアパーツを付けます




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-20.jpg



次に赤のコア・ファイター船首パーツに
コクピットブロックを設置。
シートにピンが付いていますがゲートに当たるため切り落とし厳禁
これを切ってしまうとコクピットのシートが固定されず大惨事です
変形後のシートの移動もあるため非常に危険。



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-21.jpg


その上部にハッチブロックを設置したら
反対側の外装パーツではさみます




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-22.jpg


先端にフレームパーツを取り付け




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-23.jpg


ハッチを閉じて先端に赤のカバーパーツをかぶせて
船首は完成。




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-24.jpg



続いてコア・ファイターボディ。
フレームパーツの底にまず
青カバーパーツをとりつけ




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-25.jpg


先端にダクトパーツを設置。
フレーム側に出っ張りがあるのでそれに合わせて
取り付ける形になります




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-26.jpg


次に上面中央に
「くの字」のブレードパーツを設置。
これは尾翼になります



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-27.jpg


裏から。丸軸で前後可動します



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-28.jpg



これに合わせてミゾの入った
上面カバーパーツをかぶせてボディ完成。



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-29.jpg


船首ブロックを接続しておきます



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-30.jpg



最後に後部バーニアブロック。
まず台形を横にしたフレームパーツに
赤バーニアパーツを設置していきます




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-31.jpg



広い面の角にあるミゾに
赤バーニアパーツを設置しますが
必ず出っ張りが反対側の角に行くようにします




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-32.jpg


更に横面の「T字」のミゾに
ウイングパーツを押し込んで取り付け。
バーニアがある峰の面に向かって斜めになります
また、このウイングパーツは必ず下の
ミゾに接続する必要があります





MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-33.jpg



それがこのカバーパーツのせい。
ウイングが出る部分だけにミゾがあり
上面にはミゾがないためウイングが表に出ません




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-34.jpg



前から



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-35.jpg



左側も同様の形状にします。




MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-36.jpg



あとはボディ後方に伸びる
フレームにバーニアブロックの中央にある
穴を通して、一番外側に引っ張ってコア・ファイター完成です!
バーニアブロックを一度完全に奥まで押し込んでから
引くことで安定します


MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-37.jpg


コア・ファイター前から



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-38.jpg


後から



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-49.jpg


アクションはハッチの展開



MG-ZZ_GUNDAM-Ver_Ka-40.jpg


と本体合体形態。
これが出てくるのはまだまだ先です

というわけで今回はここまで。
初回はコア・ファイターということで割とサックリですが
後に重要なポジションを担うので
割と慎重に組む必要があります。
特にコクピットシートのピンは要注意。
次回は本体ボディを組んでいきます
ではまた次回っ!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ